スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ作って、それからどうするの

正月休みでUI関連書籍を読んだのでメモ。
ペルソナ作ってそれからどうするの

前半(概要編)、後半(実践編)にわかれ、全383ページ。
<アマゾンでの紹介文>
アメリカで注目を浴びるペルソナ手法を日本向けに変換+Webサイト構築に応用したテクニックを解説。ペルソナの価値だけでなく、ペルソナ作成後の具体的なデザイン方法についてケーススタディを通じて紹介。
<個人感想>
ユーザ中心設計の定義、具体的手法が豊富に記述されていて、特に後半のケーススタディがわかりやすい書籍でした。
前半は難しい言葉の定義もたくさん出てきますが、図があるので比較的理解しやすかったように思えました。
印象的だった項目:
<概要編>
・デザインとは何か?(デザインはある問題に対する解決策を具体的中たちや振る舞いとして実現するための一連の作業過程)
・創造性に関する誤解(創造は一定のプロセスを生むことで誰にでもできる)
・記憶の3つの分類(本能的デザイン、行動的デザイン(手や身体が覚えている記憶)、内省的デザイン(出来事の記憶、意味の記憶) 3つのデザインにはそれぞれの異なったアプローチが必要)
<実践編>
・体制作りと基礎体力作り
・デザイン問題を発見する(「当たり前」のものとして見えなくなってしまった問題を明るみだす)
・ユーザの行動の観察と問題理解のためのデータ収集
・ユーザの行動の分析と統合
・ペルソナ/シナリオ法を使ったユーザ行動のリデザイン
・プロトタイピング
・ユーザテスト法によるデザイン評価
・オペレーションデザイン
特にこれといってはないが各章のケーススタディを必要に応じて読み返すとよさそう

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ogatomi

Author:ogatomi
部署移動に伴い、SE8年目にしてホストマシーンからオープン系システムの転身。
一からの勉強しなおしの記録を出来る範囲でブログにつづりたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。