スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

About Face 3 インタラクションデザインの極意

やっとこさ読み終わったのでメモ。
インタラクションデザインのデザイン原則、プロセス、パターンについて、統合的に解説した576ページに渡る書籍。
「Visual Basic の父」のアラン・クーパー著
AboutFace3_.jpg
ボリュームが凄く、読み終わった今では前半の記憶が・・・
適宜、読み直しをすることが必要

以下が目次。
■Part I ゴールダイレクテッドデザインを学ぶ
Chapter1 ゴールダイレクテッドデザイン
Chapter2 実装モデルと脳内モデル
Chapter3 初心者、上級者、中級者
Chapter4 ユーザーを理解する: 質的調査
Chapter5 ユーザーのモデリング: ペルソナとゴール
Chapter6 デザインの基礎: シナリオと要件
Chapter7 要件からデザインへ: フレームワークの設定とデザインの精緻化

■Part II 振る舞いと形態のデザイン
Chapter8 優れたデザインの総合: 原則とパターン
Chapter9 プラットフォームとポスチュア
Chapter10 オーケストレーションとフロー
Chapter11 間接税的な操作を取り除く
Chapter12 よき振る舞いのデザイン
Chapter13 メタファ、イディオム、アフォーダンス
Chapter14 ビジュアルインターフェイスデザイン

■Part III インタラクションのディティールのデザイン
Chapter15 検索: データをもっと簡単に手に入れるために
Chapter16 アンドゥを理解する
Chapter17 ファイルとセーブを考え直す
Chapter18 データ入力の改良
Chapter19 ポイント、選択、直接操作
Chapter20 ウィンドウの振る舞い
Chapter21 コントロール
Chapter22 メニュー
Chapter23 ツールバー
Chapter24 ダイアログ
Chapter25 エラー、警告、確認
Chapter26 異なるニーズに対応するデザイン

あとがき: 共同作業について
付録A デザイン原則
付録B 参考文献リスト

個人的にはChapter4の調査方法の質問事項や作業における検討事項がとても有用と感じた。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ogatomi

Author:ogatomi
部署移動に伴い、SE8年目にしてホストマシーンからオープン系システムの転身。
一からの勉強しなおしの記録を出来る範囲でブログにつづりたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。