スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ユーザー エクスペリエンス デザイン ワークショップ』に参加してきた

 マイクロソフトの主催する「ユーザエクスペリエンスデザインワークショップ」に参加してきました。
ペルソナ、ストーリボード、スケッチ等、グループで行いました。
自身、上記のようなUXデザイン作業は初体験だったので、やってみるといろいろ気づかされることも多々ありました。とても有用なセミナーでした。セミナーとしては、今回でいったん終了で、次回以降はやり方、セミナー内容を変更したものを企画中とのことでした。

・やったことの概要
 1.インタビューシートからのタイプ・行動変数分類
   (前段のユーザ調査は省略で、行った前提のインタビュー
    シートが配布された)
 2.1からのペルソナ作成(タイプ・行動シナリオ・ゴール)
 3.2をもとにしたストーリボード作成
   (TOBE(ゴール)を意識)
 4.3のストーリボードからそのコマごとに必要なデータ、
   機能の洗い出し
 5.4をもとにしたスケッチ

・大事だと思ったこと
 1.ペルソナの行動シナリオにはどんなタイミングで、ユーザは
   何をし、何を感じているのかを書く。
   (これが書けてないと次工程のストーリボード作成の段階で再度
    ペルソナ検討をしなくてはいけない可能性大)
 2.ペルソナをみんなの意識の中にうまくイメージづけるようにニック
   ネームをつけるのもgood。
 3.スケッチの検討において、デザインに必ずの正解はないと
   考え、そこに至った理由をきちんと考え、他人に説明できる
   ようにする。
 4.スケッチの検討において自身がいいと思うパターンに固執し
   すぎない。
   ペルソナだったらどう感じ、どう行動するかに立ち戻る。
 5.4でも紛糾が続くようなら、仮置きとし、ユーザビリティ
   テスト等によりユーザに確認する。
 6.スケッチの検討において頻度の低い使用パターンを考え
   すぎない。
 7.画面に表示できる行数等、数は大事。スケッチ時には強く
   意識する。
 8.ペルソナに記述する行動シナリオは書く粒度をしっかり
   決めないと人(グループ)によってかなりばらつくので注意。
 
スケジュール 
09:30 - 10:00
受付
10:00 - 10:30
『概要』
ワークショップの進め方、UX デザインの必要性と概要
10:30 - 12:30
『ユーザー調査、ペルソナ 』
コンテクスチャル インクワイアリー、ユーザー モデリング、グループ内でインタビュー、ペルソナ作成
12:30 - 13:30
昼食
13:30 - 15:00
『ストーリーボード 』
ペルソナ発表、ストーリーボード作成
15:00 - 15:15
休憩
15:15 - 16:45
『スケッチ』
スケッチ作成、ナビゲーション マップ
16:45 - 17:00
休憩
17:00 - 18:00
発表とまとめ
18:00 - 19:00
懇親会 “Happy Hour” 
スピーカー、参加者の懇親会。


IMG_20110610_145925_R.jpg タイプ・行動変数
IMG_20110610_145148_R.jpg ペルソナ:足立千香さん
IMG_20110610_145944_R.jpg ストーリボード
IMG_20110610_165548_R.jpg ストーリボードのコマに必要なデータ・機能
IMG_20110610_165043_R.jpg スケッチ





スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ogatomi

Author:ogatomi
部署移動に伴い、SE8年目にしてホストマシーンからオープン系システムの転身。
一からの勉強しなおしの記録を出来る範囲でブログにつづりたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。