スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバプッシュ ( Chrome to Phone ) のサンプル動作確認 をしてみた

サーバプッシュ型のデータ配信の仕組み理解のためにC2DM(Chrome to Phone ) のサンプル動作確認 をしてみた。
作業としては単純だったがいくつかはまってしまったところがあったので忘れないようにメモ。

主に参考にしたサイト
Android C2DM サンプル ( Chrome to Phone ) の動作確認
http://www.techdoctranslator.com/information/chrometophone

やったこと
1.Eclipse の開発ツールでの Android 仮想デバイス ( AVD ) の作成
2.デバイスへの Google アカウントの登録

ここでは、Android 仮想デバイス ( AVD ) の作成の際、 Google APIs (Google Inc.)を選択。
Android xxを選択すると、エミュレータでのgoogleアカウントができず。サンプル実行ができない。
Google APIs (Google Inc.)をちゃんと選択すれば、以下のような画面がでて、アカウント登録ができる。
add_google_account.png

3.Chrome to Phone Android アプリのインストール
(Unable to resolve target 'android-11')
3-1”target=android-11”がないよとおこられる
取り込み前の”default.properties”をみると”target=android-11”となっているのでここが怪しいとは思うが一旦、android-11がない状態でプロジェクトを取り込んでしまうとエラーが消えず、いつまで立ってもエミュレーターが起動しなかったので、adroidSDKManagerで”android-11”を取り込んでから、再コンパイル。エラーは消えて、エミュレータも立ち上がった。
default.properties と project.propertiesとの関係性がいまいち不明・・・・
以下が今回の現象
・インポート初期状態ではproject.propertiesファイルのみ。
・"プロパティ">"android">"project build target"でコンパイル対象のSDKを変えた場合は、default.propertiesファイルができ、その中身だけが変わっている(project.propertiesファイルは変わっていなかった。プロジェクトの”クリア”をしても変わらない)。
・正常にコンパイルが通っている時は、eclipse再起動時にはproject.propertiesファイルだけになった。(コンパイルがうまく通っていない時はdefault.propertiesファイルがのこっている)
・eclipse上ではどうも優先してproject.propertiesファイルを見ているような動き。


ADTのバグか。。。。”クリア”してもうまく設定ファイ内容やコンパイルがうまくいかない時はeclipse自体を再起動して、”クリア”を実行し、project.propertiesが正しく更新されていることを確かめたほうがよさそう。
ここに関連したサイト
Project has no default.properties file! Edit the project properties to set one
http://d.hatena.ne.jp/nino1201/20100815/1281859475

default.properties と project.properties [Android]
http://d.hatena.ne.jp/phonybear/20111107/1320686400

Androidアプリの開発環境であるEclipseの使い方を知る
http://ascii.jp/elem/000/000/533/533805/index-3.html


3-2 Error generating final archive: Debug Certificate expired on 11/07/18 15:29
(Android で証明書が期限切れ)
→Android SDK の debug 用キーストアの有効期限は1年間みたいで、1年を過ぎるとでるらしい。
 C:\Documents and Settings\XXXX\.android の下にある debug.keystore を削除。
参考サイト:
Error generating final archive: Debug certificate expired on ... のエラー対処
http://d.hatena.ne.jp/hypercrab/20100619/1276925032

Android で証明書が期限切れというエラーがでて apk が作成できない
http://www.ez0.net/2010/01/android-apk/

【Java→Android】Error generating final archiveって何
http://d.hatena.ne.jp/Cassowary/20100710/1278748314


4.Chrome to Phone 拡張機能のインストール
Error sending to phone: ERROR (Missing X-Same-Domain header)
→Chrome to Phone 拡張機能のアンインストール、インストールを実行。

参考サイト
Error sending to phone: ERROR (Missing X-Same-Domain header)
http://www.google.com.sb/support/forum/p/Google+Mobile/thread?tid=224e49393a708d4b&hl=en


その他わかったこと
メールアドレスをキーに同時複数配信できる(エミュレータ、実機とも同時配信されていた)。
プロキシー環境下では、[エミュレーターのプロキシ設定が必要。

実行>実行構成>ターゲット>エミュレータ・コマンド行の追加オプション指定。
(パスワード設定時に"@"を使っちゃダメ)


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

ogatomi

Author:ogatomi
部署移動に伴い、SE8年目にしてホストマシーンからオープン系システムの転身。
一からの勉強しなおしの記録を出来る範囲でブログにつづりたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。